ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.10.03 Tuesday

今日の一枚(川蝉)

10月に入って初めての散歩です。9月の終わりに頃、飛ぶ川蝉は見たのですが、写真に納める事は出来ませんでした。

今日は帰り際、何時もの場所に行ってみました。この場所まだ誰も気づいていないようです。

川辺の樹の下の枝に時々泊まっていることは、以前から何度となく見ていたからです。

そっと近づいてみると居ました。すぐ気が付いたのかすぐに飛び去りました。一瞬の撮影でした。

 

IMG_5210.jpg

この場所昼間でも暗く、ISO3200以上でないと300F5,6ではTVが300以上に上がりません。

この写真もISO1000まで上げて見ましたが手振れを起こしています。またノイズも多いいです。

 

2017.10.01 Sunday

瀬野川沿いの彼岸花

瀬野川沿いの彼岸花は少しずつ終焉を迎えつつあります。

9月28日に瀬野川を散策しました。

時刻はPM4時すぎ。山陰に日は傾き始めました。

 

IMG_5139.jpg

雑草の中の彼岸花は鑑賞地の彼岸花のように見る人は多くありません。

水辺にも多くの彼岸花が咲いていますが、ほとんど映り込みは有りません。

IMG_5136.jpg

白鷺と彼岸花の組み合わせは殆ど難しいです。

IMG_5100.jpg

 

IMG_5133.jpg

彼岸花は撮影する花として難しい花です。密集する彼岸花も良いのですが数本に分かれた彼岸花も良いですよ。

IMG_5115.jpg

 

IMG_5134.jpg

彼岸花の先に小さな虫を見つけました。大きさは1mmぐらいでしょうか?

家のすぐ前の畑、秋の代表的な花、秋桜を撮影して帰宅しました。

IMG_5085.jpg

 

 

2017.09.29 Friday

不如帰(ホトトギス)の花

川向うの庭先に咲くホトトギスにも色々な色がある。ホトトギスの名の由来は紫路の斑点が鳥のホトトギスの胸の模様に似ている事からなずけられたそうです。

代表的なホトトギス。

P9290128.jpg

もうすぐ晩秋になる芸北地方の白いホトトギス。

P9290129.jpg

更に品種改良された黄色のホトトギスもありますよ。

P9290135.jpg

 

芸北の臥竜の裾野にも探せば沢山のホトトギスが見られます。

 

2017.09.27 Wednesday

久し振りの海田湾の夕焼け

9月26日、9月に入って夕景は初めて。チヤツピー君、散歩がてら写真撮影した。

今日は雲が面白く、見入ってしまった。時間は6時ごろから6時30分空の様子が刻一刻と変化する。

 

IMG_5068.jpg

海田湾内も夕焼けが映り込み綺麗です。

IMG_5066.jpg

 

IMG_5080.jpg

雲は空高く24mmでも入らない。海への映り込みが非常に綺麗でした。

P9260115.jpg

 

 

 

 

 

 

2017.09.25 Monday

エノコログサのある風景

エノコログサ(ネコジヤラシ)も朝日に輝くと美しい。朝陽に照らされると、色の変化が見られる。何気なく見ているとき、大きなネコジヤラシは黒っぽい。小さなネコジヤラシは緑色、それが日に照らされると、黒いネコジヤラシは白く、緑色のネコジャラシは金色に輝く。

これはきっと朝露のせいかも知れません。

DSC_9534.jpg

上の写真、まだ日に照らされていないので黒っぽい。

DSC_9543.jpg

少し日が出てきた、緑色のネコジヤラシが少しづつ金色に輝き始める。

DSC_9550.jpg

陽に照らされるとすべてが金色に輝く。

DSC_9553.jpg

霧が有れば最高かもしれないが、朝の美味しい空気と日に照らされたこの風景を見るだけでも気が休まるね。

DSC_9560.jpg

稲刈りも始まり、芸北も秋本番から晩秋へと足早に季節は移る。

 

 

 

2017.09.23 Saturday

砂走の出迎えの松と曼殊沙華

江戸時代から続く、土手沿いの松並木、[出迎えの松]のすぐそばに曼殊沙華(彼岸花)が咲き始めました。

今は昔と違い道路沿いの為、此の松並木はほとんどが枯れ、残つている松は数得るほどです。寂し気がします。

爺さんが生きている間は、残って居て欲しいものですが??

 

IMG_4979.jpg

もう少し彼岸花が多ければいいのですが、贅沢と言うものでしょうか?

IMG_4995.jpg

瀬野川沿いは彼岸花で賑やかです。

P9220099.jpg

 

 

 

 

 

2017.09.22 Friday

赤蕎麦の見える風景

芸北八幡の赤蕎麦、今やマイクロバス等で多くの観光客やカメラマンがやって来ます。

今週から来週に掛けて見ごろでしょうか?

朝景も良いのですが、夕景も良いとカメラ撮影をされる方から聞きました。

多くの方がブログで紹介されていますが、3番煎じ位になりますが掲載しました。

DSC_9472.jpg

夕方6時前の風景です。この日の日の入りは6時30分ごろだそうです。

DSC_9477.jpg

 

DSC_9479.jpg

下は6時10分ごろの写真です。撮影されている方に聞くと、陽が落ちて20分ぐらいが一番良いとの事。

当方は暗い夜は苦手なので7時前に退散しました。

DSC_9484.jpg

 

2017.09.20 Wednesday

ヤブランの花

家の坪庭のヤマボウシの樹の下に多くのヤブランが紫色の蕾を付けた。

ヤブランの名前の由来はやぶにも生え、ランに似る事が由来らしい。

今此のヤブランの花茎の上部にうす紫色の小さな蕾から黄色い花が咲き出しました。 

爺さんも20年近くこの家で暮らしていますが、花には気が付きませんでした。と言うか多分興味が無かったのかも知れません。

 

P9200095-2.jpg 

 

P9200096.jpg

もし家の庭先で見れる方が居ましたら、もう一度観察してみてください。いらぬ心配かも!

9月20日PM2時

 

 

 

2017.09.19 Tuesday

鳥兜(トリカブト)とサラシナショウマ

秋、もう既に紫色のトリカブトは花を付け、更に高原の一角には白い花、サラシナショウマも青い空に靡く。

これからは雲海の季節、行ければ嬉しいのだが?

 

P9180128.jpg

遠くから見ても花の美しさは分からない。下のようにマクロ撮影すると花の美しさを知る。

P9180123.jpg

トリカブトは白と紫が有るらしい。紫のトリカブトよく見るのだが!突然変異かも?

P9180105.jpg

 

 

2017.09.18 Monday

今日の一枚(畑賀川の小魚)

台風一家の過ぎた朝、空は秋晴れとなった。家の前の川も、増水し流れは速い。脇道の小さな小川に小魚がたくさん集まっていました。

頻りに交代で石に着いた苔を、体を反転させ食べていました。

瀬野川の本流に出れば、恐ろしい、川鵜の群れが待ちかめていますが?

 

IMG_4708.jpg

 

 

Powered by
30days Album