ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.05.29 Monday

今日の一枚{ギンパイソウ(銀盃草)}

「ギンパイソウ(銀盃草)はニーレンベルギアの仲間です。その名前からして、日本に自生していそうな印象ですが、実は、アルゼンチン原産の宿根草です。

夏の暑さがやや苦手ですが、植え場所や置き場所を選べば関東以西の暖地でも夏越しができます。また、葉が密に茂りますので、グランドカバーとしても利用されていますが、初夏に咲く白花もなかなか魅力があります。」と文献に書いてありました。

地面に植えると、消えてなくなると言う人もいますが、ギンパイ草はコンクリートと石垣の小さな隙間に咲いています。生命力が強いとこの花を植えたお爺さんが言われていました。

 

IMG_3373.jpg

又の名前を盃草と言います。山野草店でも購入できますよ。

 

 

2017.05.01 Monday

芸北写真塾写真展を見に

写真仲間の写真展、「旬花繚乱」を見に千代田のサンクスへ、此の連休中に開催されています。いずれの写真も甲乙つけがたく素晴らしい写真の数々でした。

一年の成果が見て取れます。

一部のみですが掲載させていただきました。

P5010034.jpg

友の写真も難しい課題をこなしていました。

P5010033.jpg

爺さんには難しい花の写真ですが、先生と生徒の息の合った素晴らしい写真展です。一度足を運んでみてください。

帰り際に豊平の山野草店に足を運びました。

P5010041.jpg

ヤマシャクヤクが春を堪能していましたよ。

P5010043.jpg

5月1日AM

2017.04.08 Saturday

志和地のカタクリと東イチゲ

やっとこの地にも春の到来です。カタクリの花が咲き始めました。あと一週間もすれば多くのカタクリの紫の花が山の斜面を染めるでしょう。この地は今東イチゲ、そしてもう少しすればイカリソウ、更に一輪草、等花々が次々と開花して楽しませてくれます。

爺さんの最も気になるのが、岐阜蝶が今年も見れるかです。昨年は孵化して間もないギフ蝶を見ることが出来ました。

この地を守って保護される皆様に感謝です。

 

P4070032.jpg

 

P4070033.jpg

まだ咲き始めなので多くは見られませんが、爺さんにはこれでも満足なのです。

 

P4070039.jpg

東イチゲは戸河内ほど多くは有りませんが、これで充分です。天気が雨や曇りの日が続くので中々すべてが開花した状態は見られません。

P4070041-2.jpg

おまけでオオイヌノフグリを撮影して帰途しました。尚この地で土筆(つくし)を頂いて帰りました。

細君は大喜びでした。

 

 

2017.04.05 Wednesday

小葉イワウチハ

数日おきに寒さがぶり返してきています。近所の庭先の桜もまだ蕾です。

我が家の豆庭の庭先には今はスミレ、クリスマスローズ、サクラソウ等春の花が咲き始めました。

何とか昨年に購入したイワウチハが4輪が咲きました。もう一輪蕾です。

爺さんなりには雨の日のイワウチハの方が好きです。

 

先ずは天気の良かった日のイワウチハから、少し蕾の開きが悪かったです。

P4010033.jpg

 

P4040036.jpg

 

雨の日はシットリシテ良い感じです。この時は蕾は完全に開きました。

P3310033.jpg

 

P4030033.jpg

 

 

 

 

 

2017.04.04 Tuesday

虫居谷のミツマタ群生地

桜が咲いて各地も賑やかなのに、なぜか虫居谷のミツマタ群生地を訪問した。

家でもう2週間もゴロゴロしていてはと思い車を走らせた。

写真はもう多くの方が掲載されているので、おまけと思ってみて頂ければ幸いです。

今が最盛期かもしれませんね

 

IMG_1894.jpg

カメラは7D レンズはシグマ24〜70mm、で撮影しました。尚かなり絞りました。F11で撮影。

IMG_1860.jpg

 

IMG_1868.jpg

 

IMG_1876.jpg

 

IMG_1878.jpg

 

IMG_1856.jpg

 

何も書く事が無いのは寂しいですが、あるままに撮影したものです。

訪問される方の現在の様子の参考になれば幸いです。

 

 

2017.03.25 Saturday

上下の雪割いちげ

ひな祭りの帰り道少し寄り道。雪割イチゲを見てまいりました。

吉舎の雪割いちげはは有名ですが、この場所の雪割いちげははすこし紫を帯びています。通常はこの品種が多くみられるそうです。

 

P3190158.jpg

爺さんにはどちらも可愛くて素敵な花に見えました。

P3190148.jpg

 

P3190157.jpg

 

P3190120.jpg

 

最後に吉舎の写真も掲載しておきます。3月初旬に訪問したときの写真です。

IMG_0692.jpg

Powered by
30days Album