ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.04.21 Saturday

千鳥別尺の桜(庄原市東城)

4月18日少し満開より過ぎたが未だ大丈夫。全体的な写真ばかり撮影しても面白くないので切り取って撮影した。

名前を書かないと分からないかもしれないので、題名に入れた。

今年は菜の花が少ないもう少し多く植えて頂ければ嬉しいが!

 

DSC_3844-3.jpg

余り定番ばかりでは面白くない。今日は少しばかり水もにさざ波が揺れる。

DSC_3857.jpg

旗が気になったがそのまま撮影した。

 

2018.04.19 Thursday

東城の桜へ行く道すがらの写真

千鳥別尺のの桜を見に朝早く家を出る。行く道すがら何と霧の海が広がる。所により前が見にくくなるほど。

福富の何時もの場所霧が幻想的な風景を醸す。

 

DSC_3817-2.jpg

庄原に入り川沿いに桜が咲く。逆光にて撮影してみた。カメラの内臓しているフラッシュを当てた。

DSC_3823-2.jpg 

霧が周りを包み込んで美しく見えた

DSC_3828-2.jpg

川面を包み込むように霧が立ち込めた。

DSC_3831.jpg

列車とすれ違った、余りの感動にシャツターを押さず、茫然と立ちすくんでいた。列車は霧の中に吸い込まれるように消えた。

2018.04.16 Monday

庄原東城の桜

東城の三大桜と言えば、森油谷のエドヒガン桜、小如可の要害桜、千鳥別尺の山桜ですね!

ただ咲く時期が少し違うので2度訪問しなくてはいけません。

来週末あたりが最高かもしれませんね?

森油谷のエドヒガン桜ですが、太陽の位置から訪ねる時間は3時ごろが良いかもしれませんね。

DSC_3748.jpg

訪れた時は雲がなく、少しばかり雲の出るのを待ちました。

次は要害桜ですが道路側からは逆行気味になりますが撮影しました。こんな風景も有かな!

DSC_3789.jpg

爺さんは半逆光が好きなのでこんな風景も撮影

DSC_3795.jpg

真っ青の天気より雲のある風景の方が好きですね。

 

2017.04.28 Friday

雨の千鳥別尺の桜

桜シーズンの終焉です。これからは樹々の葉の緑と川沿いの岩ツツジ、棚田等のシーズンでしょうか?

山野草もこれから多く見られる季節です。

最後のあがきとでも言いましょうか、曇り空の中千鳥の山桜を見に、友と3人でドライブしました。

定番の写真は今回は無し。爺さんの独りよがりの写真3枚掲載します。

 

先ずは雨の写真。

IMG_2748-2.jpg

この後少し日が射したのですが、ふたたび曇り空、狐の嫁入り???

IMG_2702.jpg

人を入れる事により、この山桜の大きさが分かるかと!

IMG_2732.jpg

余り曇り空を入れるのはと思い切り切ってみました。

 

2017.04.26 Wednesday

森湯谷の桜(東城)

東城の森湯谷の桜、昔訪ねたような記憶がある。訪問したときはPM4時過ぎ杉林の上部に隠れるように太陽が輝く。

もう少し早く来れば鮮やかな桜が撮影できたかも?ただこのように杉林から日が射す風景も又良い。

 

IMG_2451.jpg

どのように撮影すれば良いのかまだ分からない。

IMG_2462.jpg

下の写真の様に山で分割されるのは良くないと聞くが?

IMG_2466.jpg

もう一枚掲載しておこう。真っ青な空と桜のコラボ。

IMG_2475.jpg

 

IMG_2485.jpg

もう一度来年再チャレンジしようと思う。

 

2017.04.23 Sunday

高野円正寺の枝垂れ桜

庄原、高野で円正寺と言えば桜の名所です。誰もが一度は訪れる場所かも知れません。

松江道を使用すれば高野ICから目と鼻の先です。

爺さんが訪れたときは、曇り空、撮影には向かないかもしれませんが、見るだけでも価値が有ります。

一本桜とは違い多くの枝垂れ桜が迎えてくれます。

 

IMG_2317.jpg

満開を少し過ぎたように思えますが、風情は最高です。

IMG_2333.jpg

お寺の裏の高台から撮影しました。

IMG_2327.jpg

染井吉野でしょうか?一本桜としても素晴らしいいです。

IMG_2345.jpg

裏から見る景観はこのようになります。

IMG_2358.jpg

樹齢何百年?見事な枝垂桜が沢山有り、目を楽しませてくれます。

 

2017.04.21 Friday

東城の小奴可の要害桜

お城の址でしょうか?石垣の一段上に要害桜は誇らしげに花を咲かせていました。

遠くからでもすぐに目に付くほどの素晴らしい容姿です。

もう数十年昔一度訪れた記憶が頭の片隅に残っていました。

森湯谷のエドヒガン、千鳥別尺の山桜と並び東城の三本桜と称されています。

その中でも県の特別記念1号でも有名です。

今回はのんびり細君とドライブです。勿論チャッピー君は外せません。

 

IMG_2448.jpg

上の写真石垣にピントが合ってしまいました。ここに来たと言う証拠写真で。

IMG_2419.jpg

 

IMG_2432.jpg

上の写真は定番の写真です。遠く山々の樹々の伐採が少し寂しいですね。


IMG_2411.jpg 
もう少し明るく撮ればよいのかも!

 

追伸千鳥別尺の山桜は今週末ごろが良いとの事ですよ。

2017.04.17 Monday

桜紀行(神原の枝垂れ桜)

霧中の日、神原の枝垂桜を訪問。雨と霧で多分人は少ないだるうと考えた。が大外れ、車の渋滞と観光の人の多さには驚いた。

もう来てしまったので後戻りはできず。車を止めるのに時間が掛かった。矢張り朝6時ごろの訪問がベストでしょうか??

枝垂桜は県内一、二を争うほどの素晴らしい桜です。個人の家の桜としては最高かもしれません。

訪問時は霧に包まれ素晴らしい幻想的な風景でした。下の写真は全体像です。普通の日であればバックに多くの鉄塔や家並みが見えますが、今日はすべてを隠してくれています

IMG_2073-2.jpg

下、この枝垂桜の持ち主の方が丁度出ておられたのでパチリ。若い奥様?

IMG_2055.jpg

枝垂桜は大きいのですが、桜の花は小粒でぴリと引き締まった可愛い桜です。

IMG_2064.jpg

 

IMG_2077.jpg

 

IMG_2080.jpg

霧が一段と深くなってきました。上部は霧で隠れ始めました。

IMG_2050.jpg

人の多さと、往来の車の多さにはびっくりしました。人を写さずに撮影するには時間を要します。来年は朝起きしてくるようにしたいです。

 

 

2017.04.16 Sunday

桜紀行(八幡八幡宮)

三原の桜と紅葉の名所。以前撮影で出会った人から「一度はみとかんにや死ねんで」と言われ昨年の秋訪問し、その時も「春も良いよ」と言われ今回訪問した。桜の数では5本の指に数得られるほどの多さにはびっくりしました。

矢張り訪問は朝の早い時間が良いのではと思いますが?今回爺さんはPM12時30分着、チャツピー君と仲良くお食事。

その後撮影、我儘なチャツッピー君は車の中に強制的に載せて出かけました。

初めに駐車場付近のお全体像の写真から。

IMG_2205.jpg

橋も見渡せる場所から全体像を。

IMG_2213.jpg

この後風が吹き桜吹雪となりました。

IMG_2184.jpg

後はポイントを載せています。風があるので大変でした。

IMG_2194.jpg

こんな風景もあります。

IMG_2190.jpg

枝垂桜もありました。

IMG_2196.jpg

来年行かれる参考になれば幸いです。

 

 

2017.04.15 Saturday

桜紀行(与一野の桜)

桜ももう広島市内他南部と北部の一部は見ごろを過ぎたのかも知れません。

それでも爺さんは構いません。散り際も又風情があるのです。

既に緑の真新しい葉を覗かせているものも多く見ます。

これからは北部の山間部を見ていきたいと思うこの頃です。

今日は安芸太田町の与一の桜を見てきました。(4月13日)もうこの日訪ねた時には誰一人いませんでした。

それでも8時ごろには2人の方と出会いました。

どうしても日が射す瞬間の与一桜を見たかったのです。見ごろは外れていても良いのです。

 

道路際から山手を仰ぎ見た光景は非常に綺麗でした。

DSC_7377.jpg

まだ日が射していない場所は暗く写真では上手く表現できないのが残念です。

DSC_7349.jpg

菜の花を手前で撮影しました。この時はまだ枝垂桜に日は当たっていません。

 

DSC_7339.jpg

上手く表現できませんが桜の上部に日が射してきて白くなっています。

DSC_7362.jpg

ほぼすべてに日が射してきました。風が強く木々が揺れています。

DSC_7369.jpg

上の写真の方が良く分かるかも、撮影する爺さんの斜め後ろの背中の方から陽がさしてきます。

DSC_7365.jpg

この写真を撮影して退散しました。この時婦夫ずれの方も帰られたようでした。

 

Powered by
30days Album