ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.06.10 Sunday

雨に似合う花

家の前の坪庭に紫陽花が咲きました。名前の分かるのは柏葉紫陽花のみ、以前息子から母の日に贈られた紫陽花たちは未だ咲いていません。紫陽花の色は七色の虹と同じように美しい。

大きく写したブログは多いいので今日はマクロ撮影した紫陽花を掲載。

 

P6100008.jpg

唯一知っている柏葉紫陽花。真っ白と思っていましたが真ん中は薄緑色のなのですね

P6030002.jpg

撮影していると花の中から顔お出してきました。

P6100009.jpg

蕊(しべ)はこの花の青色の小さな蕾が割れてその中から顔出します。

P6100014.jpg

小さくて可愛いですね。

OMD EM5にて撮影

 

2018.05.19 Saturday

今日の一枚(八重のドクダミ草)

今年もドクダミ草の花の季節です。坪庭の一角に八重咲のドクダミの花が咲き始めました。

匂いは独特の臭い。どくだみ茶や食用にされる。又冷蔵庫の脱臭剤にも利用されることがある。

通常の花は4枚のがくの中に淡黄色の棒状の花を咲かせるが、八重は少しばかり違うようです。

 

P5180106.jpg

爺さんはこのドクダミの八重の花が非常に好きです。

2018.05.12 Saturday

シヤラノキ(夏椿)

今年も猛暑か?通常は6〜7月に咲く花、夏椿が開花し始めました。

文献によると寺の敷地内に沙羅双樹(サラソウジュ)として植えられることが多い。仏教では釈迦が沙羅双樹の下で涅槃に入ったとされている日本では夏椿(ナツツバキ)がこの沙羅双樹(サラソウジュ)と誤認されたという。

別名を沙羅樹(シャラノキ)という。俳句では「沙羅の花」が夏の季語である。とある。

 

 

P5120187.jpg

此の花も蕾から花へと開花する。何時見ても綺麗です。綺麗な花ほど短命です。1〜2日で色が変色して花は落下します。

病人のいる部屋には向かないのも分かりますね。

P5120191.jpg

昨日はまだ蕾でしたが、もう今日には開花していました。何時までも、このままで咲いていて欲しいものですが?

 

2018.05.07 Monday

今日の一枚(やまぼうし)

漢字で書くよりひらがなが似合う。そんな山法師を掲載。5月初旬から6月中旬までいろんな変化を見せる山法師。芸北では6月の雨の霧深い山並みに咲く風景が似合います。

 

DSC_4074.jpg

 

2018.04.25 Wednesday

今日の一枚(山法師)

4月と言うのにもう山法師の花が小さく咲き始めました。

これから5月6月と花が変化する様子を楽しませてくれます。

 

IMG_9304.jpg

写真を撮影する迄きずかなったのですが虫がいるようです。

 

2018.04.23 Monday

鈴蘭の咲くころ

季節は春なのに、気温は初夏。田植えもまだまだ。

向かいの家の庭先に鈴蘭が沢山咲き始めました。

「すずらん(鈴蘭)」の花言葉は「再び幸せが訪れる」「純粋」だそうです。

 

 

P4230116.jpg 

下向きに咲く鈴蘭は何時見てもかわいいですね。

P4230120.jpg

これから。多くの場所で見ることができるでしょう。

2017.07.01 Saturday

ギボウシと山法師

6月30日午前2時ごろ海田町は洪水警報と共に避難勧告が出ました。広島市の我が家は雷の音と警報音で眠れない朝を迎えました。その雨の朝ギボウシの花びらに水滴が垂れ綺麗でした。山法師も花弁が落ち丸坊主の状態です。

ギボウシはホスタとも呼ばれています。花言葉は 沈静です。

 

P6300069.jpg

この花も綺麗ですが覆輪や班入りの葉を愛好する方も多いいそうです。

P6300070.jpg

丸坊主の山法師。実はこの一つ一つの突起の部分に花を咲かせるのです。小さな白い花です。

7月中旬には赤い実を付けます。甘酸っぱい赤い実が沢山出来ますよ。

 

2017.06.25 Sunday

今日の一枚(ハグロトンボ)

家の前の豆庭に毎年来るハグロトンボを今年も見ることが出来ました。

トンボ目カワトンボ科

大きさ53mm〜68mm  時期5月中旬から10月位まで 分布北海道や沖縄地方を除く全域!

細長く、黒っぽい翅を持った、ヒラヒラと飛ぶトンボ。オスの胴体は金緑色に輝き、メスは全身が黒い。
河川の岸辺で見られる。平地や丘陵地の、水生植物のはえたゆるい流れを好み、住宅地の周辺でも発生していることがある。数分に一度羽を開く、羽の枚数は4枚。

 

IMG_3862.jpg

光を浴びると全身が金色色に光る。

 

 

2017.06.02 Friday

庭先の花

5月の母の日、息子から紫陽花の花が届きました。大きなピンク色の花、家の前の豆庭に飾りましたが翌日色が変色して枯れたようになってしまいました。花を2輪切りその後、新しい花が開きました。

今家の前の薄暗い場所に、真っ白などくだみの花が咲いています。この花すべてが八重咲の花で綺麗です。

 

P6020070.jpg

薄ピンク色が清々しさを与えてくれます。

P6020069.jpg

余り写真展やコンテストには向かないのか、見た事が有りません。しかしながら写真展で見る花よりもどことなく親近感を覚えるのですが。

P5290079.jpg

春から夏(初夏)に向けて身近に見る花の代表、桔梗草淡い紫色の花、小さくて可愛い、花に興味がない人であれば石垣の

間から花を咲かせていても通をりすぎてしまうでしょう。

 

2017.05.05 Friday

朝の庭先

朝早く豆庭の一角でアマガエルの声がした。紫陽花の樹の上にアマガエルを見つけた。

昨日から大型連休と世間は騒ぐ、年中大型連休の爺さんにはピンとこない。

孫たちも遠いので無理はさせられない。静かに過ごそう。

これからは蛙の声で目が覚めそうです。

 

P4280065-2.jpg

朝の光を浴びてシランの花も輝いています。

P4290084.jpg

これからはこの花(ドイツスズラン)を多く見る事でしょう。

P4300092.jpg

家の玄関の横、白い花(カラー)が目に付きました。

P4260063-2.jpg

シャガの花も今が盛りです。

P4290079.jpg

 

P4290076.jpg

小さな樹の枝に白い花を沢山つけています。

5月4日の朝にて

 

 

 

Powered by
30days Album