ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.05.24 Wednesday

今日の一枚(夏椿)

ツバキ科の耐寒性落葉高木でツバキ科の中でも数少ない落葉樹です.

仏教の聖樹であるフタバガキ科娑羅樹(さらのき)に擬せられ、この名がついたといわれる.豆庭の一角に今年も、うす淡い白い花を咲かせています。沙羅双樹の花は日本で一か所しか見れませんが、此の夏椿は日本ではあちこちで咲、目を楽しませてくれます

 

1J0A0145.jpg

 

 

 

 

 

2017.05.23 Tuesday

森林公園の樹々と花々

今森林公園は新緑の季節、目に青葉。。。。と言うが薄い緑色の樹々の葉が目に染みる。

冬には野鳥観察、春はツツジと桜で楽しむことが出来ます。

今のシーズンは家族ずれのキャンプとバーベキューで楽しむことが出来ます。子供には芝生による高台からの滑降が盛んです。

この場所は何と言ってもモミジの美しさでしょうか。赤と緑の競演は素晴らしいです。

P5210121.jpg

 

P5210122.jpg

このほかにも多くの樹々の花が咲いています。

P5210070.jpg

 

P5210119.jpg

この樹の実食べられるのかな?

P5210096.jpg

帰路の途中川辺で黄色い菖蒲の花でしょうか!咲いていました。

P5210127.jpg

 

 

 

2017.05.21 Sunday

今日の一枚(銀竜草)

薄暗い枯葉の下から純白の花を咲かす。ギンリュウソウまたの名前、寂しい所に生えるので、幽霊草とも呼ぶ人もいる。

イチャクソウ科の仲間。腐生植物です。非常に綺麗です。写真はまだ花が開いていませんが、花が開くとさらに美しく見えます。

 

DSC_7923.jpg

 

2017.05.20 Saturday

芸北の田圃

芸北は今が田圃の稲張のシーズンです。田圃に水張が行われ、これからと言う場所もあります。

今は棚田の写真が多くブログに掲載されていますが、爺さんには山登りは無理。平らなこの場所が良いのです。

朝陽がまだ出ていない時間帯は6度と非常に寒いのですが、静寂の中に一人でいると心が休まるのです。

 

DSC_7803.jpg

まだ薄暗い中での撮影、本当は三脚を据えればよいのですが、横着な爺さんはISO3200まで上げて撮影しました。

DSC_7820.jpg

が無く水面が鏡の様に映り込みます。

DSC_7823.jpg

もう少しすれば日が出ます。映り込みは見事です。

コピー - DSC_7811.jpg

この田圃はお百姓さんに聞けば最近だそうですよ。まだ稲がほんの数センチです。

DSC_7853.jpg

陽が出てきました。掛頭山の左側の裾野付近かも?

2017.05.18 Thursday

今日の一枚(雨の中の山法師)

5月17日PM雨が降る、家の庭先の山法師が、待つ白く輝いている。

一週間前までは小さな花だったが、今はもう成人、これからはもう少し大きくなり赤みを帯びてくるその色も好きなのだが。

 

1J0A0123.jpg

2017.05.17 Wednesday

渓流に咲く岩ツツジ

春から初夏に季節は変わろうとしていますが、今年は季節が少しためらいがちなのか、岩ツツジの花たちはまだ今から咲くものも見られます。岩場にしがみ付いて春を堪能している花たちを見るのが、爺さんは好きです。

 

IMG_3178.jpg

水の流れは優しく、花との共演を楽しんでいるのでしょうか?

IMG_3206.jpg

新緑が映り込んで、水面は緑色に染まります。

IMG_3216.jpg

時にはこのような色の競演も見ることが出来ます。

IMG_3228.jpg

今の季節樹々が新しい葉を付け緑が目に沁みます。

IMG_3245.jpg

 

IMG_3311.jpg

多くの岩ツツジに沢山の蝶が甘い蜜を吸いにやって来ます。

 

 

2017.05.15 Monday

今日の一枚(芍薬)

芍薬はまたの名前を恵比寿草とも言われています。

女性に例えれば憂いある恥じらいの乙女ともいう人がいます。

たてば芍薬、座ればボタン歩く姿はユリの花のことわざがりますが、本当に綺麗な花ですね。

 

P5140064.jpg

2017.05.13 Saturday

芸備線沿いのドライブ

志和から芸備線沿いの白木、向原、と志和地方面へドライブ。途中上り列車とすれ違う。

三江線が来年廃線となるのは寂しいが、この路線は存続して欲しい。

志和地では野生?のクレマチス(テッセン)と出会う。梅花いかり草も今からかも?

この時期色んな花々と出会うことが出来る。

キャベツ畑の前を列車が通り過ぎた。

IMG_3126.jpg

この時期写真仲間では、藤の花が話題になる。山口や世羅の藤園等行きたいが、今の爺さんには無理な話です。

移動中に見た藤を掲載。川辺に咲く野生の藤の花。自然に咲く野生の藤も又良いものです。

IMG_3140.jpg

道路沿いの家の藤も見事でしたよ。

IMG_3101.jpg

 

IMG_3103.jpg

志和地のクレマチス草むらの中に咲いていました。

IMG_3116.jpg

キャットでコーヒーブレーク一休みです。その後福富方面に抜けて帰宅するルートを選びました。

IMG_3112.jpg

 

IMG_3110.jpg

上の2枚は全て福富です。

最後に梅花いかり草を撮影して帰途となりました。

IMG_3114.jpg

 

 

 

2017.05.11 Thursday

今日の一枚(ヤマボウシ)

我が家の庭先も賑やかになってきました。先週までの花見月に変わりヤマボウシが花を付けてきました。

まだ小さくて、緑色の花ですが次第に白くなって樹一面に花を咲かせて楽しませてくれます。

6月上旬には赤い実を付けはじめ、甘い香りをただ寄せます。実は食べると甘酸っぱいです。

芸北のヤマボウシは6月頃が最盛期ですが、約一か月早いですね。

 

1J0A0093.jpg

 

 

 

2017.05.10 Wednesday

湯来の渓流撮影会

小雨の中、渓流沿いの細い道を歩きながら岩ツツジと雨に濡れた春の若葉の新緑を撮影した。

昼は湯来ロッジでの食事、今までで一番な豪華なデイナーで食後のコヒーも付いて、堪能しました。

午後からは雨が大降りになって、先生の撮られた写真を見ながらの座学講座。このスタイルも又良い。

特に川の流れを撮影するための講座を多く取り入れて頂いた。

PL,NDフイルターの講座も良かった。

 

爺さんのつたない写真を見て頂ければ幸いです。

P5090093.jpg

岩ツツジも所々流され咲いていない。

P5090096.jpg

先生から教えて頂いたシャッタースピードを参考に撮影。1/4〜5秒の間でその景観に合った速度で撮影。

P5090163.jpg

 

P5090181 - コピー.jpg

少しくらいので絞りを上げなくてもOKです。

P5090182.jpg

 

P5090185.jpg

岩ツツジの前で流れが渦を巻いていましたが、今一TV(タイムバリュー)の速度が分かりません。

P5090189.jpg

 

P5090197.jpg

来年までには、もう少しうまく撮影されるよう頑張らなくては!!

Powered by
30days Album