ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2019.02.13 Wednesday

瀬野川散歩鳥編(機

久しぶりの瀬野川散歩。瀬野川は今、川の土砂の撤去作業でショベルカー等で工事中です。

上流は今だ工事がされていません。

死の川と変わり果てた瀬野川は未だに土砂に覆われています。

そんな瀬野川にも少しづつですが鳥たちが戻ってきています。

歩きながらふと思いました。自然の驚異は人間の知恵ではどうしようもないのかなと???

 

IMG_0973.jpgきれ ギャーギャーとなく百舌鳥も良く見れば綺麗な鳥なのです。

 

IMG_0975.jpg

イソヒヨドリの雄、余り都会では見る事が少ないですね。

 

IMG_0977.jpg

翡翠も難を逃れていました。

 

IMG_1013.jpg

セグロセキレイは一番早く瀬野川沿いに戻ってきていました。

 

IMG_1018.jpg

セキレイの子供(セグロセキレイかハクセキレイか未だ判別できません)

 

尚カメラ7D レンズ70~300mですが故障のため マニユアルフォーカス 手振れ補正なしで使用のためピントが甘いですが

そのまま掲載しています。

 

 

2019.02.10 Sunday

梅の花の季節

紅梅、白梅と梅の花がこの暖かさで満開に咲く。

家の近く、畑の前に咲く梅の花が満開に近い。

花の撮影の苦手な爺さん、暇を持て余してカメラを取った。

IMG_0913.jpg

天に恵まれ綺麗です。でもこの暖かさのためかもう見ごろを過ぎた花も多く見かけられました。

IMG_0812.jpg

梅の花の撮り方も分からないまま撮影するが!

IMG_0825.jpg

 

IMG_0942.jpg

の季節温かさの為か近くの病院の寒桜も7分咲きです。

IMG_0920.jpg

ピントの合わせ場所は何処がいいのかな?

古希も迎えた爺さんには難しいね!!!

 

 

 

2019.02.07 Thursday

災難を予知する雲の光景?

昨年7月安芸区を及び坂方面は大きな災害に見まわれました。今もなお犠牲者の方が見つかっていません。

以前掲載したかも分かりませんが、約一年前に撮影した雲が、余りにも恐ろしいような光景でした。

 

 

IMG_5911.jpg

空一面を真っ赤の染めたこの雲の光景は一年先の災害を予知していたのでしょうか!

IMG_5913.jpg

綺麗を通り過ぎた此の赤雲、今まで見た事がありませんでした

2019.02.04 Monday

こぶしの花の咲き始め

ねこやなぎ科の仲間でしょうか!こぶしの花も芽吹き花を咲かせ始めました。

雪の川辺に咲く猫柳の芽も綺麗ですが、こぶしの花もいいですね。

 

P2040011.jpg

やわらかいビロードのコートを羽織った姿は素敵です。

P2040008.jpg

綺麗で何時まで見ても飽きませんね!

 

 

2019.02.03 Sunday

雪景色と風紋

八幡高原の雪景色は何時見ても素晴らしい。最近は雪が織りなす田圃アートや風紋を撮影するのが好きです。

何時も撮影する八幡神社も良いのですが、少しづつ色んなものを撮影するように心がけています。

雪の色の純白は爺さんの濁った心を薄めてくれるような気もします。


DSC_3322.jpg

 

風雪が綺麗な放物線を描きます。

DSC_3489.jpg

風の織り成す風景は素晴らしいですね。

DSC_3537.jpg

樹々も真っ白にお化粧しています。

DSC_3339.jpg

この曲線美は素晴らしいですね。。

 

 

 

 

2019.01.29 Tuesday

雪の八幡高原を訪ねて

曇り空には八幡は似合わないとは爺さんは思わない。曇り空には良い所も沢山ある。

陽が強いと雪が白とびを起こす。

只空の青さは雪景色に似合う。

思うように行かないから写真撮影は面白いし何度も訪れる。

 

DSC_3231.jpg

今にも雨か雪が降りそうな空模様です。

DSC_3245.jpg

写真撮影をしていると、おじさんが話しかけてきた「昨日風が強くて神社の雪が吹っ飛んだよ」と。どうも前日風が吹いたらしい・

DSC_3286.jpg

その為か今回は真っ白い雪原に数人のみ。足跡さえない。

DSC_3295.jpg

雪と風の芸術も見る事が出来た。

 

2019.01.25 Friday

海田湾の夕景シリーズ

何時ものようにチャッピー君を散歩に連れ出す。今日は雲一つないくらい晴れている。

夕陽が沈みその後15分くらいがベストの写真撮影時間です。

チャッピー君を散歩させながらの写真撮影なので撮影も難しいですね。

 

IMG_0721.jpg

絵下山の山裾もオレンジ色に染まります。

IMG_0759.jpg

陽が沈むと鳥たちも我が家に帰ります。

IMG_0782.jpg

6時を過ぎると橋の上の灯りが少しづつ鮮やかに光ります。

IMG_0788.jpg

もう少し居れば鮮やかに橋の上の灯りが輝くのですが!

 

2019.01.22 Tuesday

海田湾の夕暮れ時

1月から2月にかけて牡蠣(カキ)の貝殻で埋まる牡蠣捨て場はカラスや鷺、ウミウ、カモメ、鴨等の鳥たちで溢れる。

特にカラスは多いい時は数百羽を数える。

P2020035.jpg

 

P2020050.jpg

夕暮れ時は鳥たちの食事時間かも知れない。

P2020029.jpg

鷺たちもお食事時。夕焼けに鷺の羽の色もピンク色に染まる。

 

 

2019.01.20 Sunday

霧の八幡大歳神社

天気予報では数日後に雪の便りとある。雪の原野には霧が似合う。

霧の海に朝陽が輝きオレンジ色やピンク色に染まる姿を見てみたい。

一度見た八幡高原を染めるピンク色の霧の海をもう一度見たいものだ!

 

DSC_2951.jpg

ほんの一瞬でもいいのだがそれは欲というものでしょうか?

DSC_2958.jpg

写真で見るより大歳神社の霧氷は白く輝いて見えた。

 

DSC_2981.jpg

霧は写真でとるとノイズのように見える。本当は水滴の細かな粒なのだが!

DSC_2987.jpg

写真では表わせない山筋の白い霧の筋が印象的でした。

 

 

 

 

2019.01.15 Tuesday

芸北八幡霧の朝

お正月の我が家は🎊ございますは一言。あとは普通の生活に戻る。

暇を持て余した。友を誘うのもお正月でもあり、誘うのも悪いと感じた。

4日チャッピー君と二人(犬と)で芸北八幡に繰り出した。さすがにお正月なのか誰一人とも出会わなかった。

霧は行く道沿いには全くなかったが、191を右折して八幡の入った途端、霧の海、天候は快晴、風も無い

穏やかな朝を迎えた。

偶には八幡大歳神社のない写真もいいかと今回掲載した。

 

DSC_2963.jpg

下から5m以上が霧の海です。

DSC_2964-2.jpg

日の出前の風景は暗く映るのですが、雪がレフ板の役目を果たし明るく映ります

DSC_2976-2.jpg

小動物の足跡が雪上に絵をかきます。

DSC_2977-2.jpg

時間と共に空が明るくなりオレンジ色に染まり始めます。

DSC_2972-2.jpg

もう7時を過ぎた未だ辺りは暗い。

 

 

 

Powered by
30days Album